寝台特急とは?

寝台特急とは?

寝台特急とは、夜行列車で寝台車を連結している特急列車のことです。


寝台列車は、昭和25(1950)年以降、鉄道の輸送量が増えるのにしたがって表れ、比較的安い運賃で利用できたことで需要を増やしていたようです。


日本最初の寝台特急は、昭和31(1956)年11月19日ダイヤ改正で誕生した寝台特急「あさかぜ」です。


「あさかぜ」は、東京〜博多間で運転され、運転をはじめた当初は戦前製の客車なども含む一般客車でした。


「あさかぜ」は、10両編成のうち寝台車が半分を占める列車でしたが、多数の利用者がいたようです。


そして、昭和33(1958)年10月1日から20系客車に置き換えられました。


20系「あさかぜ」は、13両編成中に座席車は3両だけで、他はすべて寝台車でした。


後に、ナハ20形など20系客車の座席車の大部分は、寝台への需要が高かったため昭和39(1964)年〜昭和47(1972)年までに寝台車へと改造され、20系使用の特急列車は完全な寝台専用列車となりました。


時代の経過とともに新幹線が開業、寝台特急列車の使用車両は20系から14系客車24系客車へと姿を変えてゆき、運用離脱や廃車となっています。


昭和55(1980)年以降は、高速バスへの対抗や利用客そのもの減少を止めるため一般座席車を連結する寝台列車が増えていき、寝台車と座席車を組み合わせていました。


夜行列車であっても座席車両を連結して利用客のニーズに答えていたようです。


「ゆうづる」・「はくつる」など昼夜兼用583系を使用した寝台特急には、リクライニングシートのグリーン車を連結していました。


近年では「横になれる座席車」もあります。


あけぼの」の「ゴロンとシート」や「サンライズ瀬戸」・「サンライズ瀬戸」の「ノビノビ座席」がそれです。


とくに「ゴロンとシート」に使われている車両は本来は寝台車ですが、毛布・浴衣といったサービスを省略し座席車扱いとしています。


寝台特急全般で見れば、昭和50(1975)年以降、新幹線や飛行機・高速道路など交通機関の発達・整備が進んだことで、利用者が減少、編成の削減や車両の廃車などが進行しています。

時代とともに走った元祖ブルートレインの20系客車や581・583系特急電車による寝台特急は、たくさんのファンを生み出し、現在でも多くの鉄道ファンに愛されています。


減少するいっぽうの寝台特急にあって、「トワイライトエクスプレス」や「カシオペア」・「北斗星」、「サンライズ瀬戸」・「サンライズ出雲」は、現在でも予約困難なほど根強い人気を保っています。


さらに、平成25(2013)年10月からJR九州では、九州を一周する豪華寝台列車「ななつ星in九州」を運行する予定です。


このサイトでは、「トワイライトエクスプレス」、「カシオペア」、「北斗星」、「サンライズ瀬戸」、「サンライズ瀬戸」といった現在も活躍する寝台特急列車にとどまらず、廃止された寝台特急列車にも触れました。


現在も活躍する寝台特急は、時刻や料金・予約方法など実際の乗車に必要な情報を中心に、廃止された寝台特急は誕生から廃止までの経緯を書いています。


あなたがサイトを通じて寝台特急の素晴らしさを感じ取っていただければ嬉しいです。



リンクには、楽天市場・楽天ブックス・楽天トラベルなどのアフィリエイトリンクもあります。

寝台特急とは?関連ページ

寝台特急での旅行
寝台特急での旅行。
寝台特急の魅力
寝台特急の魅力。
寝台特急の料金
寝台特急の料金。
寝台特急の模型
寝台特急の模型。
海外の寝台特急
海外の寝台特急。

 
ホーム サイトマップ 運営者情報など 商品・サービスについて