寝台特急「北陸」とは?

寝台特急「北陸」とは?

寝台特急「北陸は、上野〜金沢間の寝台特急列車(ブルートレイン)の愛称でした。


14系寝台客車を用いたブルートレインで、廃止された寝台特急も含めると2番目に短い距離でした。


寝台特急「北陸」は、出張や観光目的でたくさんの人に利用され、「北陸フリーキップ」をはじめ割引切符も数多く発売されました。


寝台特急「北陸」は東北本線(上野〜大宮)・高崎線(大宮〜高崎)・上越線(高崎〜宮内)・信越本線(宮内〜直江津)・北陸本線(直江津〜金沢)を経由していました。


寝台特急「北陸」には14系寝台客車が使用されていました。


個室がA寝台を含めて4両で、それ以外は開放タイプのB寝台車という構成でした。


列車番号は下り列車が3011〜3001、上り列車が、3002〜3012で宮内〜長岡間の往復計6km含む上野〜金沢間517.4kmを、下り金沢行きは7時間23分、上り上野行きは8時間1分かけて運転していました。


「北陸」という愛称の列車がはじめて登場したのは、昭和25(1950)年11月でした。


上野〜金沢〜大阪という運転経路を急行列車として走りました。


その後、運転区間は金沢までに短縮されたものの、昭和43(1968)年からは2往復体制となりました。


寝台特急となったのは、昭和50(1975)年3月10日の山陽新幹線 博多開業によるダイヤ改正でした。


共通運用となる「北星」(上野〜盛岡)とともに20系客車12両編成となりました。


山陽新幹線が全線開業し山陽・九州方面の寝台特急が減ったため、そこで余った20系客車がまわってきたのです。


ここで「北陸」は1往復の運転となり、もう1往復は信越本線・長野経由の急行「能登」として引き続き夜行列車で活躍しました。


20系客車によって寝台特急となった「北陸」でしたが20系客車が使われたのは3年半ほどでした。


昭和53(1978)年10月には、山陽・九州方面から転用された14系寝台客車へ置換えられました。

牽引機も昭和57(1982)年から上野〜長岡間がEF58形からEF64形1000番台となり、客車とあわせ廃止まで引き継がれる姿となりました。


昭和62(1987)年4月1日に国鉄が分割民営化されJRが誕生すると、寝台特急「北陸」はJR東日本 尾久客車区(現在の尾久車両センター)が受け持ちました。


平成元(1989)年3月11日ダイヤ改正から、12両編成の寝台特急「北陸」の3号車にA個室寝台「シングルデラックス」を、2号車と4号車にB個室寝台「ソロ」を組み込みました。


平成2(1990)年3月にはB個室寝台「ソロ」が好評につき、2両から5両に増えました。


寝台特急「北陸」は、A寝台個室「シングルデラックス」、B寝台個室「ソロ」など個室を中心とした列車となりました。


車内販売や電話はなかったため、弁当など食事が必要な人は駅などで乗車前に購入しなければなりませんでした。


3号車の自動販売機では飲み物を販売していました。


2号車の「ソロ」には、シャワールームと待合室を兼ねるミニロビーがあり、車体側面にはシャワーを図案化したシンボルマークが描かれました。


このダイヤ改正ではさらに、「北陸」の下り列車だけを対象にチェックアウトサービスがスタートしました。


チェックアウトサービスとは、JR西日本 金沢支社が下り「北陸」の乗客をたいしょうにおこなったサービスでした。


当時の下り「北陸」は金沢6時33分着で乗客のなかにはこの到着時間では早すぎる場合もあったため、金沢に到着した下り「北陸」を列車ごと隣駅の東金沢まで引き上げて留置し午前9時まで寝台が使えるものでした。


金沢へ戻るための普通列車も無料で乗れるサービスも行なっていました。


チェックアウトサービスは、時刻表にもサービスの記載がないなど宣伝不足で使う人が少ないことと、防犯上の理由もあり平成3(1991)年3月15日で廃止されました。


平成11(1999)年3月16日には寝台特急「北陸」の編成が見直されました。


20系客車時代からの12両編成だったものを8両編成として、B個室寝台「ソロ」も5両から3両に減らしました。


編成の内訳は、A個室寝台「シングルデラックス」1両、B個室寝台「ソロ」3両、開放タイプがB寝台4両でした。

この見直しで減らされた「ソロ」は「オールソロ」ともいわれる1両まるごと「ソロ」のスハネ14 750番台(スハネ14 751〜759)でした。


見直しで減らされた「ソロ」は編成から外され、751、753、754、757の4両が平成12(2000)年〜平成15(2003)年に廃車されました。


平成21(2009)年3月14日ダイヤ改正ではEF66型直流電気機関車の寝台特急けん引が廃止されたため、寝台特急「北陸」は寝台特急「あけぼの」とともに直流電気機関車機が牽引するブルートレインとなりました。


客車も定期列車として唯一で最後となる14系寝台客車が使われる列車ともなりました。


そして、平成22(2010)年3月13日ダイヤ改正で寝台特急「北陸」は急行「能登」とともに廃止されてしまいました。



リンクには、楽天市場・楽天ブックス・楽天トラベルなどのアフィリエイトリンクもあります。

寝台特急「北陸」とは?関連ページ

寝台特急「あかつき」とは?
寝台特急「あかつき」とは?
寝台特急「安芸」とは?
寝台特急「安芸」とは?
寝台特急「あさかぜ」とは?
寝台特急「あさかぜ」とは?
寝台特急「いなば」とは?
寝台特急「いなば」とは?
寝台特急「出雲」とは?
寝台特急「出雲」とは?
寝台特急「紀伊」とは?
寝台特急「紀伊」とは?
寝台特急「金星」とは?
寝台特急「金星」とは?
寝台特急「きりしま」とは?
寝台特急「きりしま」とは?
寝台特急「月光」とは?
寝台特急「月光」とは?
寝台特急「さくら」とは?
寝台特急「さくら」とは?
寝台特急「彗星」とは?
寝台特急「彗星」とは?
寝台特急「瀬戸」とは?
寝台特急「瀬戸」とは?
寝台特急「鳥海」とは?
寝台特急「鳥海」とは?
寝台特急「つるぎ」とは?
寝台特急「つるぎ」とは?
寝台特急「出羽」とは?
寝台特急「出羽」とは?
寝台特急「なは」とは?
寝台特急「なは」とは?「なは」の誕生から廃止までを解説します。
寝台特急「日本海」とは?
寝台特急「日本海」とは?
寝台特急「日本海」での旅行
寝台特急「日本海」での旅行。
寝台特急「はくつる」とは?
寝台特急「はくつる」とは?
寝台特急「はやぶさ」とは?
寝台特急「はやぶさ」とは?
寝台特急「はやぶさ」の廃止
寝台特急「はやぶさ」の廃止。
寝台特急「はやぶさ」の関連本
寝台特急「はやぶさ」の関連本。
寝台特急「富士」とは?
寝台特急「富士」とは?
寝台特急「富士」の廃止
寝台特急「富士」の廃止。
寝台特急「北星」とは?
寝台特急「北星」とは?「北星」の誕生から廃止までを解説します。
寝台特急「北陸」の運転上の特徴
寝台特急「北陸」の運転上の特徴。
寝台特急「みずほ」とは?
寝台特急「みずほ」とは?「みずほ」の誕生から廃止までを解説します。
寝台特急「明星」とは?
寝台特急「明星」とは?「明星」の誕生から廃止までを解説します。
寝台特急「ゆうづる」とは?
寝台特急「ゆうづる」」とは?寝台特急「ゆうづる」」の誕生から廃止までを解説します。

 
ホーム サイトマップ 運営者情報など 商品・サービスについて