寝台特急「明星」とは?

寝台特急「明星」とは?

寝台特急「明星」は、昭和43(1968)年10月1日ダイヤ改正いわゆるヨンサントウで新大阪〜熊本間の寝台特急として誕生しました。


昭和43(1968)年10月1日ダイヤ改正前まで新大阪〜熊本間で運転されていた夜行急行「ひのくに」を格上げして特急列車化したものです。


列車名は、「銀河」と同じ東京〜大阪間の寝台急行列車名であった「明星」の名称が用いられました。


寝台特急「明星」の使用車両は583系特急型寝台電車でした。


ちなみに、昭和43(1968)年10月1日ダイヤ改正では583系の寝台特急「金星」も誕生しました。


後年は、ボックスシートなど昼夜兼行の設備が特急用としては不評であった583系も誕生時は各地で凄い人気の車両でした。


誕生時の「明星」には食堂車も組み込まれ営業していました。


山陽新幹線開業前の山陽本線は、供給が需要に追いつかない事態でした。


寝台特急「明星」も誕生から2年後の昭和45(1970)年10月1日には新大阪〜熊本間に1往復増発され583系2往復体制とされました。


なお、昭和45(1970)年10月1日から「明星」の食堂車サシ581は営業休止に。


山陽新幹線岡山開業を果たした昭和47(1972)年3月15日ダイヤ改正では従来、寝台特急「月光」として運行されていた博多発着列車を統合するなどで4往復体制と成長しました。


昭和47(1972)年3月15日ダイヤ改正では1往復が京都発着とされたため、「明星」の運転区間は京都・新大阪〜博多・熊本となりました。


新幹線の延伸で追われる在来線昼行特急とは逆に寝台特急「明星」は好評でした。


昭和49(1974)年4月、日豊本線の南宮崎までの電化が完成しました。


寝台特急「明星」は1往復が季節列車格下げされて定期列車3往復とされました。


昭和50(1975)年3月10日山陽新幹線博多開業にともなうダイヤ改正が行われました。

特急「つばめ」・「はと」・「しおじ」などの山陽本線昼行特急は全廃されました。


寝台特急「明星」は、4往復から7往復(うち季節列車1往復)へと大幅な増発がなされました。


増発の理由は、昭和50(1975)年3月10日ダイヤ改正前の「あかつき」・「きりしま」であった西鹿児島・熊本発着列車を統合し、14系寝台客車24系25形を加えたためです。


全7往復の内訳は、583系電車が3往復、客車が4往復です。


「明星」は電車のみの愛称から、電車・客車双方に使用される愛称となったのです。


なお、季節列車1往復(下り4号・上り5号)は、14系座席車と用いた全車指定席列車として運転されました。


寝台特急「明星」は7往復体制が最盛期で、以後はダイヤ改正ごとに削減されました。


昭和53(1978)年10月2日ダイヤ改正では寝台特急「明星」の京都〜西鹿児島間1往復が同「なは」に変更。


14系座席車の季節列車も廃止され「明星」は新大阪〜博多・新大阪〜熊本間の各1往復、新大阪〜西鹿児島2往復の4往復体制とされました。


昭和55(1980)年10月1日ダイヤ改正では「明星」の新大阪〜西鹿児島間1往復を「なは」に変更。


新大阪〜熊本間の1往復が削減されて3往復となります。


昭和57(1982)年11月15日ダイヤ改正では583系の新大阪〜博多間列車および新大阪〜西鹿児島間の各1往復が廃止。


寝台特急「明星」はデビュー以来使われてきた583系が消え24系25形客車12両編成の1往復(新大阪〜西鹿児島)だけとされました。


これで電車列車=「なは」、客車列車=「明星」となりました。


昭和57(1982)年11月15日ダイヤ改正での時刻は、下り21レが新大阪18:52→西鹿児島9:52、上り22レが西鹿児島16:43→新大阪7:55でした。
寝台特急「明星」は削減が止まりません。

昭和59(1984)年2月1日ダイヤ改正からは使用形式と編成が変更されました。


24系25形客車から14系15形へと変更され、新大阪〜鳥栖間は寝台特急「あかつき」(新大阪〜長崎)と併結されました。


新大阪〜鳥栖間は13両編成。


内訳は「明星」が7両、「あかつき」が6両です。


設備面を見ると、「明星」・「あかつき」とも開放型B寝台車だけというものでした。


ヘッドマークは、新大阪〜鳥栖間の併結区間の上下に分割されたもので、上に「明星」、下に「あかつき」となっていました。


昭和61(1986)年11月1日ダイヤ改正が行われました。


国鉄最後の大規模なダイヤ改正であり分割民営化を前提としたものでした。


この改正をもって寝台特急「明星」は定期列車が廃止され、以後は臨時列車とされました。


臨時寝台特急列車「明星」の使用車両は20系寝台客車でした。

寝台特急「明星」の歴史

◆昭和43(1968)年10月1日
寝台特急「明星」が583系でデビュー。

 

1.新大阪〜熊本…583系

 

◆昭和45(1970)年10月1日
新大阪〜熊本に583系で1往復増発され583系2往復体制へ。

 

1.新大阪〜熊本…583系
2.新大阪〜熊本…583系

 

◆昭和47(1972)年3月15日
京都〜博多間の増発などで4往復に。

 

1.新大阪〜熊本…583系
2.新大阪〜熊本・・・583系
3.京都〜博多…583系
4.新大阪〜熊本…583系

 

◆昭和50(1975)年3月10日
寝台客車も加わり7往復へ。明星のピーク。

 

1.新大阪〜西鹿児島‥・583系
2.新大阪〜西鹿児島…24系25形
3.京都〜西鹿児島…583系
4.新大阪〜西鹿児島・‥14系座席・季節列車
5.新大阪〜熊本(新大阪〜長崎の「あかつき」2号と併結)…24系25形
6.新大阪〜熊本(筑豊経由/「あかつき」3号と併結)…14系
7.新大阪〜博多・・・583系

 

◆昭和53(1978)年10月2日
削減開始、4往復となる。

 

1.新大阪〜西鹿児島…583系
2.新大阪〜西鹿児島…24系25形
3.新大阪〜熊本…24系25形
4.新大阪〜博多…583系

 

◆昭和55(1980)年10月1日
新大阪〜熊本の1往復が削減され3往復に。

 

1.新大阪〜西鹿児島…24系25形
2.新大阪〜西鹿児島…24系25形
3.新大阪〜博多…583系

 

◆昭和57(1982)年11月15日
「明星」から583系使用列車が消える。1往復に。

 

1.新大阪〜西鹿児島…24系25形

 

◆昭和59(1984)年2月1日
新大阪〜鳥栖間が「あかつき」と併結となる。

 

1.新大阪〜西鹿児島(新大阪〜長崎の「あかつき」1号と併結)…14系15形

 

◆昭和61(1986)年11月1日
廃止され臨時列車に

 

寝台特急「明星」は廃止され20系客車使用の臨時列車に。



リンクには、楽天市場・楽天ブックス・楽天トラベルなどのアフィリエイトリンクもあります。

寝台特急「明星」とは?関連ページ

寝台特急「あかつき」とは?
寝台特急「あかつき」とは?
寝台特急「安芸」とは?
寝台特急「安芸」とは?
寝台特急「あさかぜ」とは?
寝台特急「あさかぜ」とは?
寝台特急「いなば」とは?
寝台特急「いなば」とは?
寝台特急「出雲」とは?
寝台特急「出雲」とは?
寝台特急「紀伊」とは?
寝台特急「紀伊」とは?
寝台特急「金星」とは?
寝台特急「金星」とは?
寝台特急「きりしま」とは?
寝台特急「きりしま」とは?
寝台特急「月光」とは?
寝台特急「月光」とは?
寝台特急「さくら」とは?
寝台特急「さくら」とは?
寝台特急「彗星」とは?
寝台特急「彗星」とは?
寝台特急「瀬戸」とは?
寝台特急「瀬戸」とは?
寝台特急「鳥海」とは?
寝台特急「鳥海」とは?
寝台特急「つるぎ」とは?
寝台特急「つるぎ」とは?
寝台特急「出羽」とは?
寝台特急「出羽」とは?
寝台特急「なは」とは?
寝台特急「なは」とは?「なは」の誕生から廃止までを解説します。
寝台特急「日本海」とは?
寝台特急「日本海」とは?
寝台特急「日本海」での旅行
寝台特急「日本海」での旅行。
寝台特急「はくつる」とは?
寝台特急「はくつる」とは?
寝台特急「はやぶさ」とは?
寝台特急「はやぶさ」とは?
寝台特急「はやぶさ」の廃止
寝台特急「はやぶさ」の廃止。
寝台特急「はやぶさ」の関連本
寝台特急「はやぶさ」の関連本。
寝台特急「富士」とは?
寝台特急「富士」とは?
寝台特急「富士」の廃止
寝台特急「富士」の廃止。
寝台特急「北星」とは?
寝台特急「北星」とは?「北星」の誕生から廃止までを解説します。
寝台特急「北陸」とは?
寝台特急「北陸」とは?
寝台特急「北陸」の運転上の特徴
寝台特急「北陸」の運転上の特徴。
寝台特急「みずほ」とは?
寝台特急「みずほ」とは?「みずほ」の誕生から廃止までを解説します。
寝台特急「ゆうづる」とは?
寝台特急「ゆうづる」」とは?寝台特急「ゆうづる」」の誕生から廃止までを解説します。

 
ホーム サイトマップ 運営者情報など 商品・サービスについて