寝台特急「彗星」とは?

寝台特急「彗星」とは?

寝台特急「彗星」(写真1)は、昭和43(1968)年10月1日ダイヤ改正から運転をはじめた列車です。

写真1
EF65PF(1052号機)牽引の寝台特急彗星

「彗星」という列車名称は、そもそも昭和24(1949)年9月から昭和39(1964)年9月まで運転されていた東海道本線東京〜大阪間の夜行急行列車名でした。


運転開始当初は列車名がありませんでしたが、昭和25(1950)年11月8日から「彗星」を名乗りました。


東海道本線の夜行急行として最後まで残った「銀河」をはじめ、「あかつき」・「明星」・「月光」なども、ほぼ同時期から用いられていました。


「彗星」の名は夜行列車の名称としては上記列車名とともに親しまれていました。


昭和39(1964)10月1日の東海道新幹線開業にともなうダイヤ改正で急行列車名としての「彗星」は廃止されました。


そして、「彗星」は、昭和43(1968)年10月1日ダイヤ改正で4年間のブランクを置いて関西〜日豊本線を結ぶ寝台特急の列車名として復活したのです。


寝台特急「彗星」の運転開始当初の区間は新大阪〜宮崎間で、時刻は、下り23レが新大阪19:28→宮崎10:31、上り24レが宮崎16:45→新大阪7:42でした。


使用車両は、向日町運転所(現在のJR西日本 吹田総合車両所京都支所)の20系客車で電源車1両、A寝台2両、B寝台11両、食堂車1両からなる15両編成でした。


電源車1両・食堂車1両・A寝台1両・B寝台5両からなる基本編成8両が新大阪〜宮崎間、A寝台1両・B寝台6両からなる付属編成7両は途中の大分までの運転となりました。


牽引機は新大阪〜下関間が東京機関区のEF65 500、下関〜門司間がEF30、門司〜大分間が大分運転所のED74、大分〜宮崎間がDF50でした。


門司〜大分間を牽引するED74は、そもそも北陸トンネル開通により、EF70と一緒に投入された機関車です。


交流電機で初めてシリコン整流器式を採用しました。


昭和43(1968)年10月1日ダイヤ改正にともない6両全機が敦賀第二機関区から大分運転所に転属してきました。


転属に備え松任工場で20系客車牽引用の元空気だめ管引き通し工事が行われています。

すでに日豊本線では同じ20系客車で寝台特急「富士」が運転されていましたが、「富士」は同じ大分運転所のED76の牽引となっており、ED74の特急運用は「彗星」のみでした。


大分〜宮崎間を牽引するDF50は、箱型の電気式ディーゼル機関車です。


エンジン出力の違いから2つの番台に分けられ、1060PSを0番台、1200PSを500番台としました。


「彗星」では500番台が牽引しました。


寝台特急「彗星」は利用者に人気があり、昭和45(1970)年10月には運転区間が都城まで延長されました。


昭和47(1972)年3月には新大阪〜大分間に1往復が増発。


増発された列車の時刻は、下り29レが新大阪22:32→大分9:23、上り30レが大分19:20→新大阪6:12でした。


使用車両は、20系客車でした。


「彗星」は、新大阪〜都城1往復と新大阪〜大分1往復の合計2往復となりました。


その後も「彗星」は成長を続け、昭和48(1973)年10月1日ダイヤ改正では2往復、昭和49(1974)年4月25日ダイヤ改正では1往復が増発されました。


「彗星」は5往復体制となって最大の本数に達しました。


使用車両は運転開始当初からの20系客車が昭和48(1973)年に24系客車に変更されています。


昭和48(1973)年と昭和49(1974)年に増発された「彗星」は当初から14系、24系、24系25形でした。


5往復体制時の使用車両は14系1往復、24系24形3往復、24系25形1往復となっています。


このうち、14系の1往復は、新大阪〜門司間で寝台特急「あかつき」(新大阪〜佐世保)と併結していました。


昭和50(1975)年3月10日山陽新幹線博多開業にともなうダイヤ改正が行われました。

「彗星」はこの改正で2往復が廃止され、3往復体制へと改めれます。


内訳は、新大阪〜大分・新大阪〜宮崎・新大阪〜都城が各1往復です。


そして、新大阪〜大分・新大阪〜宮崎間の2往復は向日町運転所の583系寝台電車12両編成となりました。


583系寝台電車が用いられたことで「彗星」は20系客車からはじまる寝台特急用形式(JR化後に登場した車両は除く)をすべて使用した列車となりました。


新大阪〜都城間の1往復は、向日町運転所の24系25形13両編成(電源車1両を含む)でした。


昭和53(1978)年10月1日ダイヤ改正(ゴーサントオ改正)では2往復あった583系使用列車のうち1往復(新大阪〜大分)が24系25形とされたため、583系は3往復中1往復となります。


「彗星」はその後も少しずつ削減されていきます。


昭和55(1980)年10月1日には、24系25形を使用する新大阪〜大分間の1往復が廃止され、24系25形(新大阪〜都城)と583系(新大阪〜宮崎)の各1往復とされます。


昭和57(1982)年11月15日ダイヤ改正が行われました。


上越新幹線大宮〜新潟間が開業し、同年6月23日のダイヤ改正で暫定開業していた東北新幹線大宮〜盛岡間も本格開業した改正でした。


この改正で「彗星」は、583系を用いる新大阪〜宮崎間の列車編成が12両から10両に減車されました。


昭和59(1984)年2月1日には、583系を使用する新大阪〜宮崎間の1往復が廃止されて、583系使用の列車は廃止されてしまいました。


「彗星」はこの時点で登場時の1往復に戻り、運転区間は新大阪〜都城、使用車両は24系25形客車とされました。


昭和61(1986)年11月1日には使用車両が14系15形(写真2)に変更されました。

写真2
14系15形客車(銀帯)の寝台特急彗星

平成6(1994)年12月3日にダイヤ改正が行われました。


この改正で、24系25形を用いていた寝台特急「つるぎ」の定期列車が廃止され臨時列車格下げされました。


「つるぎ」に用いられていた24系25形は宮原客車区(現在のJR西日本網干総合車両所宮原支所)から向日町運転所に転属、向日町運転所からは代わりに14系15形が宮原客車区に転属してきました。


結果、寝台特急「彗星」は、使用車両が24系25形となっています。


1往復に戻った後、「彗星」の使用車両は、数年間隔で14系と24系25形で変更されていたのです。


なお、この間の運転区間は新大阪〜都城でした。


ちなみに、平成6(1994)年12月3日ダイヤ改正前まで「彗星」に用いられていた14系15形は、急行「ちくま」、同「だいせん」の14系寝台客車の置換えに用いられました。


平成7(1995)年4月20日ダイヤ改正では九州側の発着地が都城から南宮崎とされました。


昭和45(1970)年10月から続いた都城発着がなくなりました。


平成9(1997)年11月29日、「富士」の運転区間が短縮され東京〜大分間となりました。


これにより「彗星」は南宮崎に乗り入れる唯一の寝台特急となりました。


平成12(2000)年3月11日ダイヤ改正から再度14系15形とされるとともに関西側の発着地が新大阪から京都へと変更されました。


「彗星」は、この改正から「あかつき」(京都〜長崎)と京都〜門司間で併結運転とされました。


同時に神戸への停車が廃止され、三ノ宮停車に変更されました。


ヘッドマークも併結区間の京都〜門司間では、上に「あかつき」、下に「彗星」となりました。


「あかつき」と併結となった「彗星」は6両編成で2号車に1人用B個室寝台「ソロ」(オハネ15 350番台)を連結したオールB寝台の編成となりました。

6両編成のうちの2両(3・4号車)は繁忙期だけの連結とされ、繁忙期以外は4両編成(1・2・5・6号車)での運転となっていました。


編成が短縮されても夜行バスなど競合交通機関にシェアを奪われる状態は変わらず、平成16(2004)年の平均乗車率が30%まで低下していました。


こうしたことが要因で、「彗星」は平成17(2005)年10月1日ダイヤ改正で廃止されました。


9月30日出発の「彗星」は車両運用の関係上、下りのみ大分行きで運行されました。


廃止時の「彗星」は「あかつき」併結の6両編成で平成12(2000)年3月11日ダイヤ改正時の体制でした。


「彗星」の廃止で関西〜日豊本線を結ぶ列車は消滅しました。


廃止直前の平成17(2005)年夏の時刻は、下り33レが京都20:20→南宮崎10:41、上り34レが南宮崎17:25→京都7:53でした。


牽引機は、京都〜下関間がEF66、下関→大分(下り)と門司→下関(上り)がEF81、大分→南宮崎(下り)と南宮崎→門司(上り)がED76でした。


「彗星」の九州内の牽引機(EF81・ED76)の運転区間が上下で異なるのは大分運転所への入区・出区を「彗星」と「富士」で行っていたためです。


つまり、EF81を下りの「彗星」で入区させ、上りの「富士」で出区させていたのです。



リンクには、楽天市場・楽天ブックス・楽天トラベルなどのアフィリエイトリンクもあります。

寝台特急「彗星」とは?関連ページ

寝台特急「あかつき」とは?
寝台特急「あかつき」とは?
寝台特急「安芸」とは?
寝台特急「安芸」とは?
寝台特急「あさかぜ」とは?
寝台特急「あさかぜ」とは?
寝台特急「いなば」とは?
寝台特急「いなば」とは?
寝台特急「出雲」とは?
寝台特急「出雲」とは?
寝台特急「紀伊」とは?
寝台特急「紀伊」とは?
寝台特急「金星」とは?
寝台特急「金星」とは?
寝台特急「きりしま」とは?
寝台特急「きりしま」とは?
寝台特急「月光」とは?
寝台特急「月光」とは?
寝台特急「さくら」とは?
寝台特急「さくら」とは?
寝台特急「瀬戸」とは?
寝台特急「瀬戸」とは?
寝台特急「鳥海」とは?
寝台特急「鳥海」とは?
寝台特急「つるぎ」とは?
寝台特急「つるぎ」とは?
寝台特急「出羽」とは?
寝台特急「出羽」とは?
寝台特急「なは」とは?
寝台特急「なは」とは?「なは」の誕生から廃止までを解説します。
寝台特急「日本海」とは?
寝台特急「日本海」とは?
寝台特急「日本海」での旅行
寝台特急「日本海」での旅行。
寝台特急「はくつる」とは?
寝台特急「はくつる」とは?
寝台特急「はやぶさ」とは?
寝台特急「はやぶさ」とは?
寝台特急「はやぶさ」の廃止
寝台特急「はやぶさ」の廃止。
寝台特急「はやぶさ」の関連本
寝台特急「はやぶさ」の関連本。
寝台特急「富士」とは?
寝台特急「富士」とは?
寝台特急「富士」の廃止
寝台特急「富士」の廃止。
寝台特急「北星」とは?
寝台特急「北星」とは?「北星」の誕生から廃止までを解説します。
寝台特急「北陸」とは?
寝台特急「北陸」とは?
寝台特急「北陸」の運転上の特徴
寝台特急「北陸」の運転上の特徴。
寝台特急「みずほ」とは?
寝台特急「みずほ」とは?「みずほ」の誕生から廃止までを解説します。
寝台特急「明星」とは?
寝台特急「明星」とは?「明星」の誕生から廃止までを解説します。
寝台特急「ゆうづる」とは?
寝台特急「ゆうづる」」とは?寝台特急「ゆうづる」」の誕生から廃止までを解説します。

 
ホーム サイトマップ 運営者情報など 商品・サービスについて