寝台特急「あけぼの」

寝台特急「あけぼの」記事一覧

寝台特急「あけぼの」とは?

寝台特急「あけぼの」とは、上野〜青森間の寝台特急列車(ブルートレイン)の愛称です。経由は東北本線(上野〜大宮)・高崎線(大宮〜高崎)・上越線(高崎〜宮内)・信越本線(宮内〜新津)・羽越本線(新津〜秋田)・奥羽本線(秋田〜青森)となっています。使用客車は平成24(2012)年9月現在、寝台客車の24系...

≫続きを読む

 

寝台特急「あけぼの」の料金

寝台特急「あけぼの」の料金をJR時刻表平成27(2015)年3月号をもとに作成しました。なお、「あけぼの」の料金は消費税率の変更などによって改定される場合もあります。寝台特急「あけぼの」に乗車するために必要な券寝台特急「あけぼの」に乗車するために必要な券は、利用する寝台のクラス(等級)によって異なり...

≫続きを読む

 

寝台特急「あけぼの」を予約する

寝台特急「あけぼの」を予約する方法には以下の方法があります。なお、B寝台はサイバーステーションで空席情報の確認ができます。1.JRの駅のみどりの窓口乗車を希望する寝台特急「あけぼの」が、始発駅(上野または青森)を発車する日の1ヶ月前の午前10時から、JRの駅の「みどりの窓口」や旅行会社の窓口でいっせ...

≫続きを読む

 

寝台特急「あけぼの」の時刻表

寝台特急「あけぼの」の時刻表をJR時刻表平成24(2012)年3月号をもとに作成しました。なお、停車駅や時刻、発着ホームはダイヤ改正や遅れ等によって変更になる場合があります。平成26(2014)年3月15日ダイヤ改正で臨時列車となった寝台特急「あけぼの」の臨時列車の運転日や時刻については、「寝台特急...

≫続きを読む

 

寝台特急「あけぼの」の編成と車内

平成24(2012)年9月現在、寝台特急「あけぼの」の編成は電源・荷物車を入れて9両となっています。なお、繁忙期には電源・荷物車を入れて11両編成となることがあります。客室は1号車が「レディースゴロンとシート」とよばれる女性専用車、2〜4号車が上下2段式の開放タイプの寝台、5〜7号車は個室、8号車が...

≫続きを読む

 

寝台特急「あけぼの」のゴロンとシート

寝台特急「あけぼの」は、上野〜青森間を12時間50分で結ぶ夜行列車です。寝台特急「あけぼの」には、寝台車両とは別に「ゴロンとシート」といわれる車両が2両(1号車と8号車)あります。寝台特急「あけぼの」の「ゴロンとシート」は、布団などの寝具などがないため、寝台料金は不要です。「ゴロンとシート」は、運賃...

≫続きを読む

 

寝台特急「あけぼの」で旅行

寝台特急「あけぼの」は田舎町の景色や日本海、停車駅での駅弁などをのんびり味わえます。寝台特急「あけぼの」は奥羽本線を走る列車です。上野から上越・羽越本線経由で北上し、秋田から奥羽本線へと入ります。上野〜青森間を下り列車は12時間40分、上り列車は12時間36分かけて運行している寝台特急「あけぼの」か...

≫続きを読む

 

寝台特急「あけぼの」の歴史と今後

昭和45(1970)年7月1日臨時寝台特急として、上野〜秋田間(東北・奥羽本線経由)に「あけぼの」1往復を新設し、9月30日までの毎日運転しました。車両は新製の20系客車で、それまで20系寝台客車の列車が走ることのなかった奥羽本線 福島〜秋田間を走りました。なお、この間、同じ区間を走る定期夜行急行「...

≫続きを読む

 

寝台特急「あけぼの」の寝台客車

寝台特急「あけぼの」に用いられているのは寝台客車で、上野〜青森間の全区間で電気機関車がけん引を担当しています。ここでは寝台客車について簡単に解説します。寝台特急「あけぼの」には、「日本海」と共通でJR東日本 青森車両センター(盛アオ)に配置されている24系および、24系25型客車で構成されています。...

≫続きを読む

 

寝台特急「あけぼの」の機関車

寝台特急「あけぼの」に用いられているのは寝台客車で、上野〜青森間の全区間で電気機関車がけん引を担当しています。ここでは機関車について簡単に解説します。なお、車号や所属は平成21(2009)年4月1日現在です。尾久〜上野駅〜長岡駅JR東日本 長岡車両センター[長岡]に所属するEF64形直流電気機関車が...

≫続きを読む

 

寝台特急「あけぼの」の注目車両

寝台特急「あけぼの」には、セキュリティ、プライバシーの向上および東北地区の寝台列車の需要維持・拡大を図るため、A個室寝台「シングルDX」(3号車)、B個室寝台「ソロ」(4号車)を平成3(1991)年3月のダイヤ改正時に10両編成中各1両ずつ組み込みました。A個室寝台「シングルDX」 (スロネ24 5...

≫続きを読む

 

寝台特急「あけぼの」の運転上の特徴

推進運転を行ないます。寝台特急「あけぼの」の上野駅での発着番線は、頭端式(とうたんしき)と呼ばれる行き止まり式の地平ホームですので、機関車の付け替えができません。ですから、「北斗星」や「カシオペア」、「北陸」の各寝台特急とおなじく、車両基地の尾久からの(への)回送である列車については、機関車が客車を...

≫続きを読む

 

 
ホーム サイトマップ 運営者情報など 商品・サービスについて