寝台特急「北斗星」の編成と車内

寝台特急「北斗星」の編成

平成24(2012)年9月現在、寝台特急「北斗星」の編成は電源・荷物車を入れて12両です。


編成は1・2・11号車以外は、すべて個室です。


禁煙車は、1号車・5号車、6号車のロビー、7号車の食堂車です。


平成20(2008)年3月15日ダイヤ改正よりJR東日本・JR北海道の併結編成となった「北斗星」は基本的には同ダイヤ改正前の1・4号(JR北海道編成)を引き継いでいるといえます。


たとえば、9号車のソロは、JR東日本タイプの小さい部屋ですが、その分JR北海道タイプの5・6号車のソロとは異なるタイプの部屋だと思えば選ぶ楽しみも増えます。


JR東日本・JR北海道の併結編成となったため、全室ロビーが消え、半室ロビー(6号車)になって、やや狭くなったと思われるかもしれませんが、各個室内で他人を気にせずに話せることを思えば、ちょうど良いスペースではないでしょうか。


平成24(2012)年8月現在、全室ロビーは寝台特急「トワイライトエクスプレス」と「カシオペア」だけです。



←上野                    札幌→


1234567891011-
BコBB2B2B1B1/LDA2SA1・B1SA1・B2BEG/C

(青森〜函館間は逆向きです)


…記号の意味…


SA1ロイヤル(A寝台1人用個室)
補助ベッドを使えば2人まで利用できます。
A2ツインデラックス(2人用A個室寝台)
B2デュエット(B寝台2人用個室)
B1ソロ(B寝台1人用個室)
6号車は禁煙ミニロビーと有料シャワー室付き
BコBコンパートメント(B寝台4人用個室)
1人でも利用できます。禁煙です。
BB寝台(開放タイプの上下2段式)
Lロビーカー
D食堂車
EG/C電源・荷物車


…各号車の設備…

1号車Bコンパートメント(B寝台4人用個室)ですが1人でも利用可。禁煙。
2号車B寝台(開放タイプの上下2段式)
3・4号車デュエット(B寝台2人用個室)
5・6号車ソロ(B寝台1人用個室)
6号車は禁煙のミニロビー、有料のシャワー室、飲み物自動販売機あり。
7号車食堂車(グランシャリオ)
8号車ツインデラックス(2人用A個室寝台)
9号車ロイヤル(A寝台1人用個室)とソロ(B寝台1人用個室)
ロイヤルは補助ベッドを使えば2人まで利用可。
10号車ロイヤル(A寝台1人用個室)とデュエット(B寝台2人用個室)
ロイヤルは補助ベッドを使えば2人まで利用可。
11号車B寝台(開放タイプの上下2段式)

寝台特急「北斗星」各室の概要

1.ロイヤル (9・10号車のA寝台1人用個室)


寝台特急「北斗星」といえば、この部屋。

1列車につき4室用意されています。


入口を入ると玄関があり、ここで靴を脱いで上がります。


天井が高く、落ち着いたインテリアに、幅80cmのベッドが置かれています。

そのほかに、大形ソファやテレビ、オーディオ、ホテル並みのシャワールームに洗面台、トイレが備えられています。


ロイヤルは、昭和63(1988)年3月13日の「北斗星」の登場にあわせて開発されたもので、トイレや洗面所、1人用のシャワーまで設けた初の個室として話題になりました。


ロイヤルのシャワーは無料で使えます。


「北斗星」のロイヤルこそ豪華個室の先駆けなのです。


通常ロイヤルは1人用ですが、追加料金9,810円を支払うことで、幅80cmのベッドをエキストラベッドとして幅140cmまで拡大でき、セミダプルの2人用個室としても利用できます。


ロイヤルのサービスとして、ワインなどのウェルカムドリンク、モーニングコーヒー、朝刊サービスのほか、インターフォンで食堂車のルームサービスがあります。


部屋の鍵はカード式で記念品として持ち帰ることができます。


なお、9号車と10号車に2部屋ずつあり、9号車では車端に。10号車では、乗り心地が良いとされる車体中央にあります。

2.ツインデラックス (8号車のA寝台2人用個室)


外観の特徴は上部の小窓。これは、ベッドの上段の窓です。


ツインデラックスの室内には上下2段式ベッドに、1人用のライティングデスク、オーディオ設備、テレビなどを備えています。


テーブル付のソファーは、下のベッドを起こすで利用できます。


上段ベッドの窓からは、外の景色を見ることができます。

鍵は回転式です。


ちなみに、ツインデラックスは車両の完成が早かったので、昭和62(1987)年から「北斗星」運転開始までの間、寝台特急「ゆうづる」に組み込まれて試用されていました。

3.食堂車 (7号車)


寝台特急「北斗星」の食堂車は7号車にあり、「グランシャリオ」といいます。

定期列車では日本国内で唯一、連結・営業しています。


照明や、心のこもったサービスがディナータイムの雰囲気を盛り上げます。

新鮮な食材を用いた本格フランス料理や懐石料理が楽しめます。


夕食時(ディナータイム)は利用には予約が必要です。

くわしくは、「北斗星の食堂車(グランシャリオ)の予約方法」をご覧ください。

4.ミニロビー (6号車)


6号車の半分ほどのスペースを使ったロビーです。

有料のシャワールーム(共用・予約制)、飲み物の自動販売機、カード式公衆電話があります。

なお、ミニロビー内は禁煙です。

共用シャワーについて

共用シャワーは2室あります。

利用には、シャワーカードが必要です。


食堂車グランシャリオ(7号車)で、1枚310円で販売しています。

なお、共用シャワーは「予約制」でシャワーの予約が満室になると販売を終了します。


希望の利用時間をカードを買う時に申し出ましょう。
予約は1人につき30分単位となっています。


予約できる時間

列車
下り列車19:00〜23:006:00〜11:00
上り列車17:30〜23:006:00〜9:30


シャワーセット(シャンプー・石鹸・タオル入り)も420円で販売しています。


ちなみに、1両すべてがロビーとなる全室ロビーは、寝台特急「トワイライトエクスプレス」と「カシオペア」だけです。

5.ソロ (5・6・9号車のB寝台1人用個室)


開放タイプの2段式B寝台と同じ値段でありながら、個室のためプライバシーが守られるのが1人用個室「ソロ」です。


「ソロ」のはじまりは寝台特急「北斗星」です。


なお、5、6、9号車で部屋の配置や部屋番号の付け方など異なる点がいくつかあります。


@ 5号車ソロと6号車ソロの共通点

2階(上の段)と1階(下の段)のベッドが重なったL形になった部屋を組み合わせており、2階(上の段)は部屋の中に階段があります。


2階(上の段)の窓は屋根に沿ったものが付いています。


室内には、毛布、浴衣、枕、暖房、室内灯、足元灯、スピーカなどの操作パネル、折り畳みテーブル、収納式の肘掛け、スピーカー、鏡などがあります。


A 5号車ソロと6号車ソロとの違い

(a)5号車のソロ


部屋番号は、1階(下の段)が偶数、2階(上の段)が奇数です。

扉はテンキー式のロックになります。


(b)6号車のソロ


ミニロビーのとなりにあり、通路が片側によった広い室内を持つ部屋です。

部屋番号は、1階(下の段)が奇数、2階(上の段)が偶数です。


個室のドアはキーによるロックです。キーは車掌さんから渡され、下車時に返却します。


(c)9号車ソロ


なお、9号車のソロは、通路が片側により、ロイヤルとの境に扉が付いています。

天井が少し低いので部屋の中で直立できません。


2階(上の段)と下の部屋が重なっている構造のためです。
2階(上の段)は2つの部室で一つの階段を共用しています。


2階(上の段)の窓は屋根に沿ったものが付いています。


部屋番号は、1階(下の段)が奇数、2階(上の段)が偶数です。

個室への出入りは1階(下の段)が通路から、2階(上の段)は階段最上部からです。


室内には、毛布、浴衣、枕、足元灯、操作パネル、折り畳みテーブル、収納式の肘掛け、鏡、スピーカーなどがあります。

6.デュエット (3・4・10号車のB寝台2人用個室)


デュエットは、JR発足時の昭和62(1987)年に登場したB寝台個室です。


当初は寝台特急「あさかぜ」に組み込まれていましたが、現在では「北斗星」だけです。


レイアウトは、上下寝台を組み合わせ、千鳥状に個室としています。


下の個室(1階)のベッドの間の天井が上の個室(2階)のベッド部分になっています。


料金は1室12,600円となっており、1人あたりの料金は「ソロ」と同じです。


上下段のデュエットとも内部はベッドが平行に並んでるので、座っても横になっても、話すことができます。


さらに、上の個室(2階)からは星空を見ることができます。

上下段とも部屋の中には、BGM装置や鏡、読書灯などがあります。


また、ベッドごとにカーテンがあり着替えなどにも便利です。

入口は、下の部屋は扉が内側に開き、上の部屋は引き戸です。


鍵はテンキーまたは、回転キーで行ないます。


なお、10号車のデュエットは車両中央のロイヤルを挟み込むレイアウトとなっています。

7.Bコンパートメント (1号車のB寝台)


Bコンパートメントは従来からある開放タイプの上下2段式です。


「北斗星」での使用にあわせて通路寄りにガラス製の仕切りと扉を付けています。


禁煙車となっています。


Bコンパートメントは、1人でも利用できる(部屋単位ではありません)ほか、1区画を4人で利用すれば簡易個室として利用できます。


ちなみに、「北斗星」のBコンパートメントの扉はテンキーによるロックがかけられます。


車内は通路上の部分にシールで寝台席番号が記され、各寝台には浴衣、毛布、まくらがあります。

8.上下2段式開放タイプの寝台


上下2段式開放タイプの寝台は、2・11号車のB寝台となります。


通路は片側に寄っています。下の段は、昼間座席として利用できます。


大きさは、上の段が、長さ195cm×幅70cm×高さ95cm。


下の段が、長さ195cm×幅70cm×高さ111cmとなっています。


まくら、毛布などは座席として使用されている間は上段に置かれ、寝台⇔座席のセットは係員が乗車して行います。


開放タイプですが、寝台として使う際は、カーテンで寝台を囲みますので、プライバシーは保たれます。


「北斗星」に使用されているものは室内、便洗面所ともリニューアルされています。



リンクには、楽天市場・楽天ブックス・楽天トラベルなどのアフィリエイトリンクもあります。

寝台特急「北斗星」の編成と車内関連ページ

寝台特急「北斗星」とは?
寝台特急「北斗星」とは?
寝台特急「北斗星」の料金
寝台特急「北斗星」の料金。
寝台特急「北斗星」の予約方法
寝台特急「北斗星」の予約方法。
寝台特急「北斗星」の時刻表(平成24年3月時点)
平成24(2012)年3月時点での寝台特急「北斗星」の時刻表です。
寝台特急「北斗星」の時刻表(平成27年3月改正版)
平成27年3月14日ダイヤ改正からの寝台特急「北斗星」の時刻表です。
寝台特急「北斗星」の車内販売
寝台特急「北斗星」の車内販売。
寝台特急「北斗星」のグッズ
寝台特急「北斗星」のグッズ。
寝台特急「北斗星」でのツアー
寝台特急「北斗星」でのツアー。
寝台特急「北斗星」の歴史と今後
寝台特急「北斗星」の歴史と今後。
寝台特急「北斗星」の寝台客車
寝台特急「北斗星」の寝台客車。
寝台特急「北斗星」の機関車
寝台特急「北斗星」の機関車。
寝台特急「北斗星」の注目車両
寝台特急「北斗星」の注目車両。
寝台特急「北斗星」の運転上の特徴
寝台特急「北斗星」の運転上の特徴。

 
ホーム サイトマップ 運営者情報など 商品・サービスについて