寝台特急「サンライズ出雲」とは?

寝台特急「サンライズ出雲」とは?

寝台特急「サンライズ出雲」は、東京〜出雲市間で運転されています。


寝台特急「サンライズ出雲」は、平成10(1998)年7月から従来14系客車で運転されていた寝台特急「出雲」2号・3号を、あらたに開発された285系寝台電車に置き換えたものです。


「サンライズ出雲」は、経由も「出雲」2号・3号時代の東海道・山陰本線経由から東海道本線・山陽本線・伯備線経由となりました。


「サンライズ出雲」は285系寝台電車7両編成で運転され、東京〜岡山間は「サンライズ瀬戸」(東京〜高松)と併結運転されています。


「サンライズ出雲」はA寝台1人用個室「シングルデラックス」、B寝台1人用個室「シングル」など個室をメインとした客室設備で高い人気を誇っています。


なお、東京〜浜田間に運転していた寝台特急「出雲」1号と4号は出雲市発着にあらためられ、号数も消え、単に「出雲」となりました。


東京〜出雲市間となった寝台特急「出雲」は「北斗星」とともにDD51型ディーゼル機関車が牽引する寝台特急でした。


しかし、平成18(2006)年3月17日ダイヤ改正で廃止されてしました。


寝台特急「出雲」が廃止されたことは、鳥取や倉吉などの鳥取県東部〜東京間を直通する列車がなることを意味します。


これを補う措置としてダイヤ改正から「サンライズ出雲」は「サンライズ瀬戸」とともにあらたな停車駅として上郡を追加しました。


首都圏を結ぶ役割を担う列車として「スーパーいなば」91号・92号(サンライズリレー号)が設けられ、これと「サンライズ出雲」が上郡で接続するためです。


平成21(2009)年9月30日、岡山〜新見間で行われていた車内販売が営業終了しました。


平成22(2010)年3月13日ダイヤ改正では、平成18(2006)年3月17日ダイヤ改正から続いていた上郡への停車を取り止めました。


平成22(2010)年3月13日ダイヤ改正から寝台特急「サンライズ出雲」と「スーパーいなば」との接続が上郡から岡山となったためです。


「サンライズ出雲」は「サンライズ瀬戸」とともに上郡を通過するダイヤに戻されました。


平成24年9月時点で、寝台特急「サンライズ出雲」の出雲市行き下り列車は、東京駅9番線から22時00分に出発します。

途中停車駅は横浜、熱海、沼津、富士、静岡、浜松、翌朝は姫路、岡山、倉敷、備中高梁(びっちゅうたかはし)、新見(にいみ)、米子、安来(やすぎ)、松江、宍道(しんじ)、出雲市です。


終点出雲市には9時58分に着きます。


東京→岡山間は「サンライズ瀬戸」(東京〜高松)と併結した14両編成となり、途中の岡山で「サンライズ瀬戸」を切り離します。


岡山→出雲市間は7両編成で運転します。


寝台特急「サンライズ出雲」の東京行き上り列車は、出雲市駅を18時55分に出発します。


停車駅は宍道(しんじ)、松江、安来(やすぎ)、米子、新見、備中高梁(びっちゅうたかはし)、倉敷、岡山、姫路、三ノ宮、大阪、翌朝は静岡、富士、沼津、熱海、横浜です。


終点東京には7時8分に8番線に到着します。


出雲市→岡山間は7両編成で運転します。


途中の岡山で出雲市発の「サンライズ出雲」と連結し、岡山→東京間は14両編成となります。



リンクには、楽天市場・楽天ブックス・楽天トラベルなどのアフィリエイトリンクもあります。

寝台特急「サンライズ出雲」とは?関連ページ

寝台特急「サンライズ出雲」の料金
寝台特急「サンライズ出雲」の料金。
寝台特急「サンライズ出雲」の予約方法
寝台特急「サンライズ出雲」の予約方法。
寝台特急「サンライズ出雲」の時刻表
寝台特急「サンライズ出雲」の時刻表。
寝台特急「サンライズ出雲」の編成と車内
寝台特急「サンライズ出雲」の編成と車内。
寝台特急「サンライズ出雲」の使用車両
寝台特急「サンライズ出雲」の使用車両。
寝台特急「サンライズ出雲」の運転上の特徴
寝台特急「サンライズ出雲」の運転上の特徴。

 
ホーム サイトマップ 運営者情報など 商品・サービスについて