寝台特急「サンライズ瀬戸」で旅行!

寝台特急「サンライズ瀬戸」で旅行!記事一覧

寝台特急「サンライズ瀬戸」とは?

寝台特急「サンライズ瀬戸」は、東京〜高松間の寝台特急列車です。平成10(1998)年7月10日から運転されています。首都圏や四国への出張や観光目的で数多くの人に利用されています。寝台特急「サンライズ瀬戸」は、東京〜岡山間では、東京〜出雲市間を結ぶ寝台特急「サンライズ出雲」と併結運転しています。東京〜...

≫続きを読む

 

寝台特急「サンライズ瀬戸」の料金

寝台特急「サンライズ瀬戸」は、ビジネス利用を想定しているため、基本は1人用の個室となります。グループで利用できる個室は、下り(東京→高松)列車は4号車に、上り列車(高松→東京)は11号車の階下にあるB寝台2人用個室だけとなります。寝台特急「サンライズ瀬戸」の料金は、東京〜高松間をB寝台個室シングルに...

≫続きを読む

 

寝台特急「サンライズ瀬戸」の予約方法

寝台特急「サンライズ瀬戸」の予約方法についてです。「サンライズ瀬戸」で人気なのは1人用A寝台個室「シングルデラックス」のようです。広い室内空間とビジネスホテル並みの設備でありながら、東京〜高松間の運賃+特急料金+寝台料金の合計は片道1人27,510円となっています。このようなお買得感と1編成に6室だ...

≫続きを読む

 

寝台特急「サンライズ瀬戸」の時刻表

寝台特急「サンライズ瀬戸」の高松行き下り列車は、東京駅9番線から22時00分に出発します。途中停車駅は横浜、熱海、沼津、富士、静岡、浜松、翌朝は姫路、岡山、児島、坂出です。終点高松には7時27分に6番線に到着します。東京→岡山間は「サンライズ出雲」(東京〜出雲市)と併結した14両編成となり、途中の岡...

≫続きを読む

 

寝台特急「サンライズ瀬戸」の編成と車両

平成24(2012)年9月現在、寝台特急「サンライズ瀬戸」の編成は7両です。客室は1〜2人用の個室寝台を中心に5種類あり、大半は1人用B寝台個室「シングル」です。運賃+指定席特急料金だけで利用できる「ノビノビ座席」もあります。「サンライズ瀬戸」は上下列車とも禁煙車が大部分です。公衆電話やアルコールの...

≫続きを読む

 

寝台特急「サンライズ瀬戸」の使用車両

寝台特急「サンライズ瀬戸」に使用されている車両は285系特急形電車です。285系電車は0番台と3000番台の35両(7両×5編成)が活躍しています。0番台の3編成21両はJR西日本後藤総合車両所出雲支所(米トウ)の配置で、3000番台の2編成14両がJR東海大垣車両区(海カキ)の配置となっています。...

≫続きを読む

 

寝台特急「サンライズ瀬戸」の運転上の特徴

1.JR4社を経由寝台特急「サンライズ瀬戸」は、東京〜高松間の寝台特急列車です。東京〜高松間804.7kmをJR東日本・JR東海・JR西日本・JR四国のJR旅客4社を経由して運行しています。「サンライズ瀬戸」の運転距離は、東京〜高松間804.7kmと日本一運転距離が長い寝台特急 トワイライトエクスプ...

≫続きを読む

 

 
ホーム サイトマップ 運営者情報など 商品・サービスについて