寝台特急「トワイライトエクスプレス」の注目車両

寝台特急「トワイライトエクスプレス」の注目車両

1.スシ24形0番台 (3号車)

寝台特急「トワイライトエクスプレス」の3号車にある食堂車(下写真)はスシ24形0番台です。


寝台特急トワイライトエクスプレスの食堂車「ダイナープレヤデス」
「ダイナープレヤデス」とよばれています。


「ダイナープレヤデス」は平成24年9月現在、下り列車だけですが日本全国で昼食時間に営業している唯一の食堂車です。


スシ24形0番台は、寝台特急「北斗星」用のスシ24形500番台、同「カシオペア」用のマシE26形とあわせ数少ない食堂車でもあります。


実は、スシ24形0番台は最初から「トワイライトエクスプレス」用の食堂車ではありませんでした。


寝台特急 日本海用の食堂車でした。


昭和63(1988)年3月13日に青函トンネルが開業にともなうダイヤ改正が行われ、上野〜札幌間に「北斗星」の運転が始まると同時に、大阪〜青森間の「日本海」も函館まで運転区間が延長されました。


函館まで延長される「日本海」は、JR西日本が担当していた「1・4号」でした。


「日本海1・4号」にかつて連結されていた食堂車を復活させる構想がありました。


「日本海1・4号」は24系25形客車を使用していましたので、本来であれば24系の食堂車であるオシ24形を連結するところですが、オシ24形の数が不足していました。


寝台特急の食堂車は利用者の減少で新製が控えられ、現有の数で回していたためです。


特急電車の食堂車も利用者の減少などから、国鉄時代末期には、大部分の電車特急で食堂車の営業が廃止されました。


485系・489系特急形電車の食堂車のサシ481形とサシ489形は編成から外され大部分が余剰→廃車となっていました。


電車から客車への改造は、ブレーキと引き通し線を客車のシステムに変え、連結器を密着式から密着自動式に交換すれば客車と連結し運転できます。


こうして「日本海1・4号」の食堂車には、余剰→廃車となっていたサシ481形とサシ489形を24系に編入・改造することとし昭和63(1988)年3月に鷹取工場で3両が改造されました。

塗装は寝台客車にあわせた青20号に銀帯となり宮原客車区に準備されました。


「日本海1・4号」の食堂車スシ24形0番台は5号車に入る予定でしたので、5号車を空き番号としました。


しかしながら、「日本海」用食堂車は幻に終わり、青20号のスシ24形0番台は「日本海」の食堂車として営業することはありませんでした。


幻に終わった青20号のスシ24形0番台は、寝台特急「トワイライトエクスプレス」に組み込まれることとなり、平成元(1989)年7月21日の運転開始にあわせて再び外観が変更されました。


その塗装は、深緑に黄色の帯という従来の寝台列車のイメージをくつがえす塗装でした。


寝台特急「トワイライトエクスプレス」に組み込まれる際に行われた主な変更点は以下です。

(1) 種車にあった簡易運転台を撤去しました。
(2) 北海道への乗り入れにあわせて耐寒耐雪改造を行いました。
(3) 食堂部分に絨毯を敷きました。
(4) 室内の照明を間接照明に変更しました。
(5) ベネシアンブラインドをカーテンに交換しました。


サシ481形とサシ489形から改造されたスシ24形0番台は、外装・内装は大きく変えられたものの、車体高さ・車体断面・台車・冷房装置はサシ481形とサシ489形とおなじです。


サシ489形が種車のスシ24 1・スシ24 2では、台車はTR69A、冷房装置は通称「きのこ形」と呼ばれるキノコ型のAU12です。


サシ481形が種車のスシ24 3は台車がTR69H、冷房装置は分散型のAU13Eです。


スシ24形0番台は、「トワイライトエクスプレス」運転開始から10年が経過した平成13(2001)〜平成14(2002)年秋ごろに、他の客車と同様にリニューアル工事が行われ外装と内装が改められています。


おもな内容は、外装が帯が黄色から金色(黄色)の帯の上下に銀色の細い帯(縁取り)が追加され、内装ではロココ調のインテリアはそのままに化粧板が木目調となるなどです。


24系本来の食堂車オシ24形はJR東日本の尾久車両センター(東オク)にオシ24 701が保留車として残るだけという状態ですが、スシ24形0番台はサシ481形とサシ489形として新製されてから40年以上が経過するにも関わらず、電車食堂車の姿をした貴重な食堂車として活躍しています。

スシ24形0番台 新旧車号対照表
現在の車号改造年月日・区所旧車号旧車号での新製年月日・メーカー
スシ24 1 昭和63(1988)年3月7日・鷹取 サシ489 3 昭和47(1972)年1月18日・近畿
スシ24 2 昭和63(1988)年3月7日・鷹取 サシ489 4 昭和47(1972)年2月8日・近畿
スシ24 3 昭和63(1988)年3月16日・鷹取 サシ481 52 昭和48(1973)年1月24日・日車

2.スロネフ25形500番台(1号車)

A寝台2人用個室「スイート」は、10両編成の寝台特急「トワイライトエクスプレス」で2部屋だけの貴重な存在です。


「スイート」は、1・2号車に各1室ずつで、1号車では車端部に位置し展望室が付き、2号車では車両中間に位置します。


とくに1号車のスイートは禁煙車ですが展望室越しの眺めを独占できます。


下り札幌行きでは、最後尾となり流れゆく景色を誰にも邪魔されることなく楽しめます。


室内は寝台特急カシオペアのスイートとほぼ同じ広さで展望部分の3枚窓という構成も同じです。


いっぽうで、カシオペアスイートとは窓の大きさやソファに違いがあります。


カシオペアスイートと違うムードを楽しんでも良いでしょう。


寝台特急「トワイライトエクスプレス」のスイートは2人用ですが、補助ベッド代9,810円を追加すれば3人利用ができます。


補助ベッドとなるのは展望室にあるソファです。


メインベッドは、平成13(2001)〜平成14(2002)年のリニューアル時にツインベッドとなったため、周囲の通路が狭くなりましたが、1人あたりの占有面積は大きくなっています。


展望室部分には、ソファ2組とテーブル、大型の液晶テレビがあります。


通路側にはカード式の鍵の玄関、クローク、専用シャワールーム(無料)、トイレなどがあります。


室内にはこのほかに、洗面台、冷蔵庫、電気ポットもあります。


1号車のスイートは、列車内にいるということを忘れさせる豪華さと空間の広さから来る安心感、さらに、最後尾(最前部)の展望を独占できる楽しみがあります。


最後尾の展望で楽しみなのは、すれ違いです。


夏休みなど毎日運転される場合、寝台特急「トワイライトエクスプレス」同士ですれ違いが2度あります。

すれ違う場所は、奥羽本線大久保(秋田から4駅目)と出発直後(上りでは到着寸前)の東海道本線西大路〜京都間です。


下り列車の1号車のスイートならば、その光景を最後部から独り占めできます。

3.オハネ25形560番台(8号車)とオハネフ25形500番台(9号車)

「Bコンパートメント」である8号車のオハネ25形560番台と9号車のオハネフ25形500番台の改造種車は、寝台側の窓が大きい25系(24系25形)の初期グルーフです。


25系の初期グルーフは昭和49〜51(1974〜76)年の新製時から2段式です。


20系客車から24系客車まで続いた新製時の3段式を経験していません。


寝台特急「トワイライトエクスプレス」に使用される際に、ガラス製の仕切扉が設置され4人用簡易個室としても利用できるようにされました。


何とこのときに、オハネ25形560番台とオハネフ25形500番台とも出入り口すぐ隣りの寝台1区画が2段式から3段式とされました。


時代に逆行するような3段式としたのは食堂車従業員用の部屋とするためです。


食堂車従業員用の部屋とされたのは、8号車のオハネ25形560番台では17番、9号車のオハネフ25形500番台では15番と16番です。


3段式となった寝台部分は食堂車従業員用という「業務用」目的のため一般には販売されず寝台の定員からも除かれています。


「業務用」とはいえ3段式があるのです。


寝台特急「トワイライトエクスプレス」には昔ながらの3段式寝台から「スイート」まであるのです。



リンクには、楽天市場・楽天ブックス・楽天トラベルなどのアフィリエイトリンクもあります。

寝台特急「トワイライトエクスプレス」の注目車両関連ページ

寝台特急「トワイライトエクスプレス」とは?
寝台特急「トワイライトエクスプレス」とは?
寝台特急「トワイライトエクスプレス」の楽しみ
寝台特急「トワイライトエクスプレス」の楽しみ。
寝台特急「トワイライトエクスプレス」の料金
寝台特急「トワイライトエクスプレス」の料金。
寝台特急「トワイライトエクスプレス」の予約方法
寝台特急「トワイライトエクスプレス」の予約方法。
寝台特急「トワイライトエクスプレス」の時刻表
寝台特急「トワイライトエクスプレス」の時刻表。
寝台特急「トワイライトエクスプレス」編成と車内
寝台特急「トワイライトエクスプレス」編成と車内。
寝台特急「トワイライトエクスプレス」日の出・日の入り表
寝台特急「トワイライトエクスプレス」日の出・日の入り表。
寝台特急「トワイライトエクスプレス」でのツアー
寝台特急「トワイライトエクスプレス」でのツアー。
寝台特急「トワイライトエクスプレス」の歴史
寝台特急「トワイライトエクスプレス」の歴史。
寝台特急「トワイライトエクスプレス」の寝台客車
寝台特急「トワイライトエクスプレス」の寝台客車。
寝台特急「トワイライトエクスプレス」の機関車
寝台特急「トワイライトエクスプレス」の機関車。
EF81の寝台特急「トワイライトエクスプレス」機関車運用
EF81のトワイライトエクスプレス機関車運用について。
寝台特急「トワイライトエクスプレス」の運転上の特徴
寝台特急「トワイライトエクスプレス」の運転上の特徴。
寝台特急「トワイライトエクスプレス」の廃止
寝台特急「トワイライトエクスプレス」は平成27年(2015)春の運転を最後に廃止されます。
寝台特急「トワイライトエクスプレス」の時刻変更
寝台特急「トワイライトエクスプレス」は北海道新幹線開業準備のため時刻変更されます。
トワイライトエクスプレス用車両の保存と展示
寝台特急「トワイライトエクスプレス」用車両の保存と展示。
特別な「トワイライトエクスプレス」でツアー旅行
特別な「トワイライトエクスプレス」でツアー旅行。

 
ホーム サイトマップ 運営者情報など 商品・サービスについて